不平不満の限界域

女性の場合、普段はグッと堪えているわけですが、その不平不満が限界域を超えてあふれ出し、ついにはパケツがひっくり返るような状態になってしまうわけです。その日が女が別れを切り出すときなのですね。男はまさかそんな状況になっているとは全く知らなかったとなるわけです。別れるなんて何でそんなに唐突に言い出すんだということになってしまうわけですね。しかし女にとっては唐突なことでも何でもないわけです。長年抱えてきた不平不満があふれるべくしてあふれただけの当然の結末と思っているわけです。こういう状況になってしまった時、男はあわてふためいて何とかその場をしのごうとします。何とかかんとか理由を言って強引に解決へ持っていこうとするわけです。女はわかっていても、仕方がないと思って抜いた刀をとりあえずは元のサヤに収めることが多いわけです。男はヤレヤレと安心するということの繰り返しです。しかしそれで安心してはいけないのですね。不満が解消されたわけではないですから。一時的に不満が解消されただけであって根本的には何も解決していないわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>