夫婦生活にストレスを感じて出会い系サイトを使う

最近の既婚者にとっては夫婦生活において非常に多くのストレスやわだかまりやイライラがたまっている人も多くなっています。そのような人にとってはストレスを発散するために話相手が欲しかったり、夫や妻との会話以外にも他の人との会話をしたいとか、さらには遊びに行きたいとかふだんの夫婦生活においてマンネリ化してきた部分を解消したいという思いから、出会い系サイトで出会いを求めている人が多くなってきています。しかし出会い系と聞くだけで非常にこわいといった印象や不安を与えるような印象があるため、なかなか一歩を踏み出せない人も多くなっています。そのような中で、しっかりとした安心して使える出会い系サイトが非常に多くなってきています。

出会い系サイトの中でも既婚者が安心して使えるサイトとしては、出会いたい相手がしっかりとしていて目的が共通の趣味を楽しんだり、さらにはお話し相手になったりするようなサイトでは非常に良い趣味仲間に出会うことができるようになるなど、より多くのコミュニティーのチャンスを広げることが可能になっています。特に大手IT企業が運営している出会い系サイトでは会員登録をしっかりと行うことで、より安心して使うことができるように身分証の提出をしていたり、さらには多くの出会い系においてはフリーメールでの登録でも登録できてしまうのですが、大手のサイトではきっちりとしたメールアドレスでしか登録できなかったり、さらには毎月の会員料金もきっちりと徴収するなどしっかりとした人しか登録できないようになっています。特に既婚者が注意しなくてはならないのが、あくまで出会いを求める理由としては不徳行為をするために出会うのではなく、普段のストレスの発散などをしっかりとした人と話して刺激を受けたり、またきっちりと会話することで日常のイライラやわだかまりを解消し、今後も夫婦生活を円満にしていくために利用することが大切になってきます。出会い系サイト

人と出会うという事

これは何も人妻だけに限ったことではないですが出会ったという経験を持つ男性ってやっぱり女として誰も見てくれないと気持ちのバランスが保てないと話す人妻が逆に実はそこに真理があるような気もします。

久しぶりに自分を女だと感じた人妻が本当に大切な事を話するという困難さをその点で他の男性よりも一番重要な要素になると思えてなりません。

運命の相手とナンパで知り合った知り合いもいるんですが、それはレアケースで一晩だけの付き合いに終わる可能性が高いものです。

車はいわば動く密室ですから、面識のない人の車に乗るなんてありえませんし、お酒を飲むのも止めた方がいいでしょう。これまでにナンパされて返事をしたことはないんですが、半年ほど前に出会い系サイトに登録して、いい感じになった男性に会いに行ったことがあるんです。
続きを読む

既婚者が出会い系サイトを使って浮気するというトレンド

Gスポットというのはその部分だけ感覚神経が密集しているという説や、内部からクリトリスへ刺激が伝わることによる快感であるとする説など様々あるようです。その中で、現在もっとも有力とされているのが、女性の尿道を取り囲むようにあるスキーン腺と呼ばれる男の前立腺にあたる組織がGスポットの正体であるとするものなんですよね。男性も前立腺を刺激されると非常に強い快感があるからですね。男性の場合は、指を肛門に挿入することによって内側から前立腺を刺激することができるわけですね。実際にそのような風俗のテクニックもあるようです。Gスポットを刺激されると、大きな快感を得ることができるわけですが、液体を尿道から噴出する女性もいるのですね。これが「潮吹き」とよばれているものですね。潮吹きは尿道口からでるので、その正体は尿ではないかといわれていたのです。女性がセックスの最中に失禁しているということですね。確かにそういう女性もいるでしょう。だから潮吹きと失禁を混同して、わけのわからないものにしているというのはあるのでしょう。最近、既婚者が出会い系サイトを使うという比率がどんどん高まっているようですね。既婚者のセックスレス比率はどんどん高まっているようですが、それとは逆転現象が起こっているようですね。既婚者が出会い系で浮気するというのは、以前であれば清水の舞台から飛び降りるような、とても大きなハードルがあったわけですが、今では本当にお気軽に手軽に浮気を楽しむという感じなのかもしれません。パートナーに心も身体も全く満たされていないという事はあるんでしょうが。果たして既婚者が出会い系サイトを使って浮気するというトレンドは今後も続いていくのでしょうか。特に仕事をしていない主婦などは出会いがあまりないので特に出会い系サイトにハマってしまうようですね。

需要と供給のバランス

セックスの時に思うように勃起しない人のための薬として勃起不全薬というものがありますよね。中でも一躍有名になったのが、アメリカのファイザ一社が開発したパイアグラでしょう。日本では1999年に認可されましたよね。そして2004年には、ドイツのバイエルヘルスケア社が開発したレピトラが認可されました。さらに2007年には、アメリカのイーライリリ一社が開発したシアリスが認可されました。これらが勃起不全薬として作用するしくみは、ほとんど同じということのようです。ペニスが勃起するのは、海綿休に大量の血液が流入し蓄えられるのですよね。その海綿体へ大量の血液が流れ込むのは、海綿体へ血液を流入させる動脈が拡張するからなんですよね。同時に血液を排出する役割の静脈が閉じて、ペニス内へ血液が蓄えられ、勃起状態を維持するという仕組みのようなんです。しばらくすると、動脈を拡張させる働きが弱くなっていき、それにともなってペニスへの血流も減少するというわけですね。流入する血液より流出する血液のほうが多くなり、ペニスもやわらかくなっていくということです。熟女出会い系サイトと呼ばれるような場所を活用することによって選択肢は大きく広がってくるかもしれません。需要と供給のバランスを考えて場所を選択するということは、自らの欲望を満たすためには重要なことかもしれませんよね。

妊娠中のセックス

妊娠中というのは、赤ちゃんを産んだ後のために乳首を掃除しておく必要があるようですね。陥没乳頭の人はとくに乳頭を出しておきましょうというように産科で指導されるようです、ただ乳首を触ると、生理反応で子宮が収縮するために触りすぎてはいけないとも言われています。子宮が収縮すると子宮口が柔らかくなってしまい、流早産の原因となる可能性があるからですね。セックスでオーガズムに至るときも子宮が硬く収縮するので、妊娠中はあまり激しいセックスも避けたほうがいいと言われています。ただ最近は性欲が旺盛な妊婦も多いようですね。それも旦那とセックスするのではなく、出会い系サイトなどでお手軽なセックスパートナーを探して性欲を満たすという妊婦は多いようですよ。出会い系サイトを覗くと、そのような妊婦を見つけることはそこまで難しくないようです。妊娠中は子宮の入り口が妊娠していないときとくらべて若干開いているようです。そこからパイ菌が入ると炎症を起こして最悪の場合には流産してしまう可能性もあります。感染を起こさないためにも妊娠中にセックスしたいと思った時はコンドームを使うのが良いと言われています。

結婚するまでの男性

男は結婚するまでは、本当にマメにあれこれと女に投資をするものですよね。プレゼントを贈り、やさしい言葉をかけ、時間と労力をかけて何とか自分のものにしようとするわけですよね。でもそれが結婚というゴールにたどり着いてしまえば、もう自分のものだからと思ってしまうわけです。もう投資をする必要がないとなってしまうんですよね。女にプレゼントを贈ったりやさしい言葉をかけたりする必要がないと思うのです。逆に女は、結婚して種を植えつけられれば、その種を育む役割を否応なく負わねばならないわけです。その意味で女にとって結婚はスタートであり、結婚したからには以前にもまさる投資を受けることを当然のことのように期待しているのです。 続きを読む

女から突然別れましょうと言われる

男性にとって一番避けなければならないのは、女から突然に、別れましょう、と言われるような状況でしょう。よく女性はこんな風に言います。結婚する前はもっと大事にしてくれたのに、と。それは何故なんでしょうか。男は釣った魚にエサをやらないともよく言われます。こんなことを言う女性も多いようですよ。私の彼ときたら結婚したとたんに人が変わったみたいになりました。前はよくプレゼントをくれたのに、最近は家に帰ってくるのも遅いし、ふたりで出かけたり話をしたりする機会がものすごく少ないんです。夕飯だっていつもひとりだし。これじゃあ何のために結婚したかわからないです。結婚を機に自分に対する男の態度がガラリと変わったことが不思議に思えるような女性は本当に多いんですよね。 続きを読む

彼女や妻のよくある小言

女性の脳の仕組みというのをあらかじめ理解していれば、彼女や妻のよくある小言に対する耳の傾け方だって少しは違ってくるだろうし、返事の仕方だって多少は変わってくるのではないでしょうか。女の脳はそうしたちょっとした男の変化をも機敏に読みとるわけですからね。そして、共感してもらえることが少しでもわかれば、女はバケツにたまった水のはけ口を見つけることができるわけです。女も男が変わろうと努力している姿を見れば、気持ちは少しずつ変わるというのが実際のところでしょう。男はザルだとも言われますが、そうでなかったら女だって困るようなことはいろいろとあるでしょう。 続きを読む

男と女

他人の感情だけじゃなく自分の中のネガティブな感情までも深く詮索することなく、まあ大丈夫だろう、というくらいの感覚で素通りさせてしまう。そのツケが積もり積もると後でいろいろとたいへんなことになるのだが、こうした男脳とストレスの関係について考えることは有益であろう。男と女とでは、感情を処理する際の脳のメカニズムが根本的に違っている。女は不満をどんどん蓄積し、男はそれを気にもとめない。そういうふうに脳ができているともいえる。では時間の経過とともに男と女の擦れ違いの幅が広がっていくのは避けられないのだろうか。いきなり女から別れを切り出されるのも、ある意味でしょうがないことなのでしょうか。お互いがお互いの違いに目を向け、その気持ちを尊重していれば、お互いに歩み寄り、擦れ違いを埋め合わせることができるはずですよね。男性にとって、とにかく、女性には不満をため込むバケツがあるんだ、ということをしっかり肝に銘じておくことが必要でしょうね。そのバケツの存在に気づいているだけでも大きく違うのですからね。男性は単純に女性とセックスしたいと思っても、うまく関係性を築き、感情的な親密さを持ってもらわないと、その目的を達成することなどできないですしね。

パートナーが過去に犯した過ち

カウンセリングという場では、女の患者さんは口々に自分のつらさや不安をわかってもらおうと言葉を尽くして訴えるようなんです。それも大脳で感情処理をしていることが関係しているのでしょう。大脳皮質といえば記憶の貯蔵庫です。しかも長期記憶なのです。通常、視覚情報や聴覚情報は、ほんの数秒程度で消滅してしまうのですね。1回見たテレビのCMはすぐ忘れてしまう。しかし、これが興味あることだったり必要だと思うと短期記憶として扁桃体に伝達される。しかしこれも1分限りというくらいです。ところが印象があまりに強かったり、きちんと理解したことは中期記憶として海馬に最大1カ月保存されます。この間に不用なものと忘れてはいけない大切なものとが選別され、後者は長期記憶に入れられるのですね。特に反復してアクセスされたものは重要事項として側頭葉に送られて長期記憶となるわけです。 続きを読む